欠点 - Fault

1 - 7 ( 7 件中 ) 


A man without faults is a mountain without crevasses. He is of no interest to me.

欠点のない人というのは、クレバスのない山みたいなもので、そんな人間には全然興味がありません。

Rene Char
ルネ・シャール (1907-1988)
フランスの詩人


If we had no faults, we would not take so much pleasure in noticing them in others.

もしも我々自身に欠点というものがなかったならば、他人の欠点をみつけても、別段さしたる興味を感じないであろう。

La Rochefoucauld
ラ・ロシュフーコー (1613-1680)
フランスのモラリスト


Our failings sometimes bind us to one another as closely as could virtue itself.

我々の欠点というのは、美徳による場合と同じように、時には、お互いの心を結びつける強い絆になりうる場合がある。

Vauvenargues
ヴォーヴナルグ (1715-1747)
フランスのモラリスト


Truly it is an evil to be full of faults; but it is a still greater evil to be full of them, and to be unwilling to recognize them.

欠点をいっぱいもっているということは、確かに悪いことなのであるが、欠点がいっぱいありながら、なおかつそれを自分で認めようとしないということは、なお一層悪いことである。

Blaise Pascal
ブレーズ・パスカル (1623-1662)
フランスの数学者・物理学者・哲学者


We forget our faults easily when they are known to ourselves alone.

私達が過ちを犯したような場合、犯した本人である自分自身以外の誰一人として、これに気づいていないということがわかったような時には、私達は自分の過ちというものを、いとも簡単に忘れてしまうものである。

La Rochefoucauld
ラ・ロシュフーコー (1613-1680)
フランスのモラリスト


When the defects of others are perceived with so much clarity, it is because one possesses them oneself.

他人の欠点というものがはっきりと目についてわかるのは、そもそも、我々自身にそういった欠点というものがあるからなのである。

Jules Renard
ジュール・ルナール (1864-1910)
フランスの作家


Whoever is aware of his own failing will not find fault with the failings of other men.

自分自身の欠点というものをちゃんとよく知っている者はだれでも、他人の欠点に対してとやかく文句を言ったり、また、責めるなんてことはいっさいしないものである。

Sa'di
サーディ (1184-1291)
ペルシアの詩人


1 - 7 ( 7 件中 ) 

このページの先頭へ